肌のトラブルを防ぎたい!

冬になると、お肌のトラブルが様々な形で現れてきます。
季節が冬に近づくと肌質が変わり、これまでと同じ基礎化粧品で肌トラブルが起きたり、口元や目元に皮膚の粉がふいたりします。
肌が痒くなったり、メイクののりが悪くなったりと言う事もあるでしょう。
夏から秋にかけて強い紫外線にさらされた肌がトラブルを起こしたり、冬の外気が湿気が低く肌がかさつくことが多いのが原因のようです。
冬に肌トラブルが起きるのは代謝が衰えるためで、しみやくすみが治りにくくなります。
ひどくなると、肌荒れなどを起こすわけです。
湿度が高い夏のうちは、それでも肌は正常を保っています。
湿気が低下する冬になると、肌に十分な保湿力をつけておかなければ肌の乾燥からトラブルが起きます。
冬の乾燥や夏から蓄積された紫外線から肌をフォローするための必要なこととは、どんなことでしょう。
お肌に十分な水分を吸収させること、水を積極的に摂取することなどが肌の保湿につながります。
肌をマッサージし、血の巡りを良くすることによって新陳代謝を活性化させることも大事です。